So-net無料ブログ作成

メジャーデビュー25周年記念『4半世紀』@中野サンプラザ [筋肉少女帯]

IMG_1072.JPG

















メジャーデビュー25周年記念アルバム『公式セルフカバーベスト 4半世紀』発売記念トークイベント@タワーレコード新宿店を観に行った時にもらったサイン入りポスター。
今までのポスターよりサイズがでかくてビックリ。
トークイベントでは、長年ライブで揉んで揉んで揉んできた楽曲達を、今の筋少で、新しいアレンジでレコーディングすることができたことが面白かった、みたいなことを言っていた。
おいちゃんと橘高さんがアコギを弾き、オーケンとウッチーが『香菜、頭をよくしてあげよう』を歌ってくれたりも。
橘高さんが「速弾きのギター!(橘高さん)、うねうねのベース!(ウッチー)、絶叫のボーカル!(オーケン)」とメンバー紹介していて笑った。わかりやすい(笑)
おいちゃんのことは「ギター弾いてるんですよ〜」って紹介してたかな。
おいちゃんといえば「カッティングのギター!」だよね。


筋肉少女帯のメジャーデビュー記念日である6月21日の翌日、6月22日に中野サンプラザで行われた、筋肉少女帯メジャーデビュー25周年記念『4半世紀』ライブ。
参戦してまいりました。
橘高さんの速弾きギター、ウッチーのうねうねベース、オーケンの絶叫ボーカル、おいちゃんのカッティングギターで、新しくアレンジされた楽曲もそのままの楽曲も、今の筋少の演奏で、思う存分楽しんだ。
とくに『孤島の鬼』のカッコ良さといったら、もう!
新しいアレンジでさらにプログレ色を強めた楽曲、圧倒的な演奏力、オーケンの絶叫歌唱、照明演出、そのすべてが見事な融合を見せ、なんというか、うまく言えないんだけども、あの空間に “鬼” がいた。
おぞましくて、おっかない、けれどもとても神々しい “鬼” がいた。
例えて言うならば、『ガンバの冒険』のノロイのような。
スゴかった。
凄まじいカッコ良さだった。
筋少の底力をまざまざと見せつけられた感じ。

あたしは筋少が大好きだ。
日本を印度にするなんて無理だし、どこへ逃げても同じだということも、この世を燃やしたって一番ダメな自分が残るだけだってことも重々承知だし、カルトな映画や泣ける本を教えてもらってサブカル知識を豊富にしても頭が良いってこととは少し違うんだよってことにも、とっくの昔に気づいちゃってるけど、でもあたしは筋少が大好きだ。
たとえ、25年見てたバンドが消えて、本当はいなくて誰かの見た夢だったのだとしても、寂しがることなんてひとつもない。
だって、みんなで同じ夢を見てたんだもの。
これって実は、とても素敵なことなんじゃね?



今回のライブ、10月頃にDVD発売されるそうです。
観に行けなかった方、興味ある方、ぜひどうぞ。
カッコ良いですよ、筋少。
MCも面白いですよ、筋少。
存分に楽しませてくれますよ、筋少。

筋少とはまったく関係ないが、同日6月22日に富士山の世界文化遺産登録が決定。
おめでとう、富士山。
おめでとう、筋少。
いつもありがとう。

◎セットリスト
01. 黎明
02. サンフランシスコ
03. くるくる少女
04. 機械
05. ワインライダー・フォーエバー
06. 日本印度化計画
07. 妖精対弓道部 ~「妖精対弓道部」主題歌
08. これでいいのだ
09. じーさんはいい塩梅
10. 香菜、頭をよくしてあげよう
11. 孤島の鬼
12. 踊るダメ人間
13. イワンのばか
14. 蜘蛛の糸
15. ツアーファイナル
16. トゥルー・ロマンス
〜アンコール〜
17. 少女の王国
18. キノコパワー
19. 再殺部隊
20. 中2病の神ドロシー ~筋肉少女帯メジャーデビュー25th記念曲
21. 釈迦


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。